ターンオーバーを促進して表皮のメラニンを排出する

ターンオーバーを促進して表皮のメラニンを排出する 注目 メラニン排出は白肌への近道


美白ケアというのは2つあります。1つはメラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制するというもの。 積極的に肌に働きかけるという点ではハイドロキノンでのシミケアもこちらに該当します。


そしてもうひとつが「ターンオーバーを促進して表皮のメラニンを排出する」というもの。排出美白といわれることもありますが、角質ケアもしくは代謝ケアと思ってもらえればいいです。


年齢を重ねるにつれてシミや色素沈着が肌の残りやすく、消えなくなる理由の1つは肌のターンオーバーが遅れてくることで古い細胞が肌に居座り続けてメラニンが滞留し続けるということがあります。


また、肌のターンオーバーが乱れると肌表面に不要な古い角質が溜まることにもなるので、毛穴詰まりからニキビができることもありますし、 肌のキメが乱れて乾燥し、透過性が悪くなったり、光の反射が悪くなることから肌ツヤや透明感がなくなります。


いわゆる「くすみ」も発生してしまうんですね。


このようにシミ・くすみといった美白や肌色にかんするトラブルには肌のターンオーバーの乱れというものが深く関わっています。 20代までは生活習慣の乱れがそのまま肌のターンオーバーの乱れといえるので生活習慣の改善を意識してほしいんですが、30代以降は肌の老化が原因ですからいわゆる代謝を促す代謝ケアというのが必要になってきます。


代謝がいい肌を維持できればメラニンは溜まりません。「たまらない肌をつくる」ことも美白では大事だってことです。

ハイドロキノン×代謝ケアで美白効果アップ!

ハイドロキノン×代謝ケアで美白効果アップ! 要チェック W美白でシミ・くすみのない白肌をゲット!


肌のターンオーバーは遅れることもトラブルの原因ですが、逆に早いのも未熟な角質細胞が肌表面にでてきてしまって、 バリア機能の役割を果たせないことから乾燥肌や敏感肌といったトラブルの原因になります。


早すぎず遅すぎず新陳代謝が行われているかどうか判断するポイントは肌のキメです。肌のキメが整っているのであれば肌の代謝機能は正常です。


キメが乱れているとかないという場合は問題アリということです。


肌のターンオーバーを整えるための代謝ケアとしては酵素洗顔やスクラブ洗顔であったり、ピーリングなどの古い角質を取り去るケアが一般的。


頻度としては1週間から10日おきにやるのがいいといわれていますが、これもあくまで肌のキメをチェックして肌状態を見極めて行うというのが理想です。 角質肥厚によるくすみなどの場合、角質ケアを行った翌日にはもう肌が明るくなり、透明感がでてきます。ただ、くれぐれもやりすぎには注意してください。


皮膚科でハイドロキノンを使ってシミ治療するときもトレチノインという角質を剥がして代謝を促す成分と合わせて使うことが多いことからもわかるように ハイドロキノンと代謝ケアを組み合わせることで美白効果はアップします。


ハイドロキノン配合の美白アイテムを使うときは、AHAやBHAを配合したピーリングアイテムを使った代謝ケアも一緒に行うといいということは覚えておいて損はないと思います。


まずはハイドロキノン配合の美白化粧水選びから。 これがイチオシ!

ハイドロキノンの美白化粧水にプラスアルファの美白ケアを!

イチオシ!ハイドロキノン化粧水

とにかく一度は使ってほしいハイドロキノン配合の美白化粧水について語りました。

美白ケアには保湿が不可欠!

美白が乾燥するというのは昔の話。保湿を含む周辺ケアができていないと美白は効きません。

どれぐらい使ったら実感できる?

すぐに効果が出るものではないとわかっていてもやっぱり気になるもの。目安は知りたい!

排出美白で透明感を引き出す

ハイドロキノンの投入と同時並行で行いたいのがメラニンの排出を促すケアになります。

やっぱり美白美容液は必要!?

確実に美白を効かせるならやっぱり美容液との併用が大切。シミケアの場合は特にそう。

Copyright © 2014 このハイドロキノン配合化粧水がスゴい!~シミ美白の決定版· All Rights Reserved·