美白美容液は有効成分の濃度が高い!

美白美容液は有効成分の濃度が高い! 注目 美白美容液の実力=化粧品ブランドの実力


スキンケアアイテムのなかで美容液の役割というのは有効成分を肌に与えることです。そのため化粧水と比べるとハイドロキノンやビタミンC誘導体といった美白成分(=有効成分)は美容液のほうが濃度が高いです。


絶対ではありませんが、一般的な傾向として有効成分の含有量や濃度の高さというのはそのまま肌に働きかける作用に直結します。


なので美白を効かせようと思ったら美白美容液を使わざるを得ないというか、使わない理由がわからないないということなんです。


また、有効成分の濃度だけでなく、その化粧品ブランド独自の美白の最新技術は美容液に組み込まれていることが多いです。 特に美白美容液はどの化粧品ブランドにとっても一番の売れ筋なので最新の知見と最高の技術が凝縮されています。美容液の出来栄え=化粧品ブランドの実力&評価といえるんです。


美白において美容液というのは顔全体に使うものとシミや肝斑などメラニンが沈着している部分のみに使うスポッツケア用の2種類があると思います。 ハイドロキノン配合の美白美容液というとシミ・色素沈着対策用と目的が明確なので、スポッツケア用であることが多いですよね。


単純にシミだけをどうにかしたいという場合は、普段のスキンケアにスポッツケア用の美白美容液を1本付け足すというので充分です。 ただ、美白ケアというのはこれからできるシミを予防するという意味もあるので、顔全体に使うシミ予防のための美白美容液も必要になるのが普通です。


出来てしまったシミや色素沈着はレーザーでやっつけられても、まだ眠っているシミについては皮膚科も手が出せないので自分でケアするしかありません。 シミのないきれいな肌を維持しようと思ったら美白化粧水と美白美容液を使った継続的なお手入れは必須だということですね。


ベストコスメ8冠の美白美容液  ハイドロキノン×セラミド配合

美白化粧水と美白美容液、美白成分を揃えるべき?

美白化粧水と美白美容液、美白成分揃えるべき? 要チェック 最終的には揃えて、1点集中のほうがいいかも!?


美白コスメを選ぶときに重要なのが美白成分なわけですが、化粧水、美容液、乳液・クリームすべてで揃えたほうがいいのか、 それとも色んな美白成分を使ったほうがいいのか?そんな疑問もあると思います。


シミや色素沈着のケアの場合は効果があるのはハイドロキノンだけということで特に悩む必要はないんですが、 今あるシミもケアしたいし、これからできるシミも予防したいという場合は複数の美白成分でケアするというケースも普通にあると思います。


美白コスメにかぎらずスキンケア化粧品の多くは、ライン使いするとより効果を発揮する設計になっており、 たいてい化粧水、美容液、乳液・クリームすべてで同じ美白成分を配合していることが多いはずです。(なかには化粧水はビタミンC誘導体で、美容液はアルブチン、クリームはハイドロキノンというような美白コスメもありますが。)


美白成分を統一することのメリットは、効果が掛け算になること、デメリットはその美白成分と肌の相性が悪いと効果がないことです。 複数の美白成分を使う場合のメリットは、そのうちのどれかが効いてくれる可能性があること、デメリットとしては掛け算効果が期待できないことです。


一点集中タイプとリスク分散タイプという言い方もできますね。どちらも一長一短あります。


私としてはリスク分散タイプで最初は試しつつ、肌の調子がぐんと上がったものがあれば、そのなかからどれが効いたのかを絞り込んで最終的に1点集中に持っていくのがいいのかな?と思います。


シミ・色素沈着にはハイドロキノンが有効  詳細はこちら

ハイドロキノンの美白化粧水にプラスアルファの美白ケアを!

イチオシ!ハイドロキノン化粧水

とにかく一度は使ってほしいハイドロキノン配合の美白化粧水について語りました。

美白ケアには保湿が不可欠!

美白が乾燥するというのは昔の話。保湿を含む周辺ケアができていないと美白は効きません。

どれぐらい使ったら実感できる?

すぐに効果が出るものではないとわかっていてもやっぱり気になるもの。目安は知りたい!

排出美白で透明感を引き出す

ハイドロキノンの投入と同時並行で行いたいのがメラニンの排出を促すケアになります。

やっぱり美白美容液は必要!?

確実に美白を効かせるならやっぱり美容液との併用が大切。シミケアの場合は特にそう。

Copyright © 2014 このハイドロキノン配合化粧水がスゴい!~シミ美白の決定版· All Rights Reserved·